ポップジャパンのオンライン工場見学

ようこそオンライン工場見学へ

ポップジャパンは多様な印刷技術を駆使した販促物製作から
集客ノウハウを活かしたイベント企画実施まで
トータルアウトプットのプロモーション事業を展開しています。
ここでは街でよく見る「のぼり旗」が
どうやって印刷されているのかを動画とともに
分かりやすく紹介していきます。


まずは、ポップジャパンの紹介ムービーからご覧ください。

キャンペーン開催中

ポップジャパンのオンライン工場見学を見て
「夏休みの自由研究に使ったよ」「もっと知りたいから詳しく知りたい」
「●●の部分ってもっと見れないですか?」等々のメッセージを募集します。
問い合わせフォームから「お問い合わせ内容」の欄に書き込んでください。

応募していただいた方の中から
抽選でポップジャパンのオリジナルグッズ
をプレゼント致します!!

下の順番で捺染印刷からご紹介していきます。

のぼり旗は、まず白い生地(布)に印刷をして作られています。
その印刷方法は2種類あります。
捺染印刷(なっせんいんさつ)」と
昇華転写印刷(しょうかてんしゃいんさつ)」です。
はじめて聞く言葉だと思います。
そして、印刷が終わったら、
糸でぬって仕上げる「縫製(ほうせい)」があります。
詳しくは順番に紹介しますね。

目次

それではいよいよ見学のはじまりです。

たくさん印刷する時は捺染印刷(なっせんいんさつ)

まずは「捺染印刷」から見ていきましょう。
「捺染印刷」は大量に印刷する事が得意な印刷方法です。
ポップジャパンでは約30枚から6000枚ほどの印刷を捺染印刷で作っています。
捺染印刷は

①版をつくる(製版)
②色をつくる(調色)
③印刷する(捺染印刷)

の3つの工程から出来ています。

いきなりですが、ここでクイズです。

この「かき氷のぼり旗」を
印刷するのに、何色の
インクを使うでしょうか?


全4色

今回はこちらの「かき氷のぼり旗」を
作っていきます。色んな色が見えますね。

捺染印刷では色を重ねて印刷します。

たった4色で、写真部分も再現!

この4つの色は印刷の世界でとてもよく出てきます。ぜひ覚えておいてくださいね。
4色のバランスで写真部分の顔の色や空の色など様々な色に見える様に組み合わせて印刷していきます。

使う色の数=「版」の数

捺染印刷では使うインクの色ごとに「版(はん)」という
網戸のような物を使います。
「版」では網戸でいう網の部分を「紗(しゃ)」と呼びます。
今は「紗」は化学繊維で作られていますが、
昔はシルク(絹)が使われていたので
捺染印刷の事を今でもシルクスクリーン印刷とも呼ばれています。

この「かき氷のぼり旗」は4色使うので「版」も4つ使います。
捺染印刷で4色が合体して完成します。
基本的に白色はもともとの生地の白色を活かします。

60秒で丸わかりムービーをごらんください。

どうですか?「版」について少し詳しくなっちゃいましたね。
このページを全部見終わったら、あなたも「のぼり博士」になれるかも!?
次は「色」について紹介しますね。

色について見ていきましょう

色の魔術師

捺染印刷では使う色のインクを予め用意します。
もとになるインクは約20色、それを混ぜて、様々な色をつくり出します。

ただし、今回のかき氷では特に混ぜて色を作りません。
もともとある4つの代表的な色を印刷の時に重ねて色を再現するので
まぜて色を作る工程はありません。

企業のロゴなどの数値で決まっている色味での印刷時は、
この色を混ぜ合わせる工程がとっても重要になってきます。

インクだけでは生地が染まらない

捺染印刷で使うインクを作る時、もとのインクだけではのぼりの生地(布)に定着しません。
そこで、バインダーと呼ばれる接着剤とインクと混ぜる事で美しく発色するだけでなく、
雨や日光にも出来るだけ耐えれるような特別なインクになっていきます。

60秒で丸わかりムービーをごらんください。

どうですか?「色」について少し詳しくなっちゃいましたね。
「えっ?なんかインクを混ぜてみたくなった」その気持ちわかりますよ。
次はいよいよ「捺染印刷」について紹介しますね。

いよいよ機械で印刷をしていきます。

オート捺染機の登場です。

いよいよオート捺染機が動き出す

全長約30mのオート捺染機に先ほど作成した版をセットします。
ポップジャパンにあるのは8版までセット出来る大型の捺染機です。
ベルトコンベアーや乾燥機がついていて、
のぼりの材料の長い生地を送り出し、印刷して、乾燥まで出来る優れモノです。

全長約30mのオート捺染機

細かい調整を手作業で行います。

上部に乾燥機があります。

4つの版を捺染機にセット、いよいよ印刷開始

印刷する色に順番がある?

C・M・Y・Kという名前の色については、もう知っていますよね。
実際に印刷する時は、発色を良くするために印刷する順番が決まっています。
K(キー・プレート) → C(シアン) → M(マゼンタ) → Y(イエロー)
の順で先ほど作成した版をセットし、印刷が始まります。

色がついたら、乾燥させて印刷完了

乾燥機でスピード乾燥

印刷された生地はインクがしっかりと乾燥し定着するように
捺染機の上部の乾燥機を通過した後、下に戻って来て遂に印刷が完了します。

60秒で丸わかりムービーをごらんください。

どうですか?「捺染印刷」についてかなり詳しくなっちゃいましたね。
次は、もうひとつの印刷方法の「昇華転写」について紹介する前に、
のぼりのカタチにどうやって仕上がっていくかを紹介しますね。

いよいよ最後の仕上げです。

生地カット&縫製で完成です。

ヒートカット

ポリエステル生地はヒートカット
という手法でカットします。
約300度以上に熱せられた刃で
生地を溶かしながらカットしていきます。
ほつれ予防にもなります。

ヒートカット

またまた、クイズです。

のぼりに付いている
のぼりの棒を通すための
輪っか部分の名前は何?


チチ
(東日本では「チギレ」とも呼ばれます。)

この赤丸の部分です

生地カット&縫製で完成です。

ミシンがスピーディーに動き出す

カットした生地にチチを取り付けていきます。
何とチチ付け専用のミシンがあるんです。
早いスピードで、のぼりがどんどん
完成していきます。
場合によっては補強縫いもします。
詳しくは今後の「縫製の色々」で
ご紹介する予定ですのでお楽しみに。

ミシンの画像

60秒で丸わかりムービーをごらんください。

捺染印刷編はこれで終わりです。
ここまで見ていただき、ありがとうございました。
これであなたも「のぼり博士」ですね。
次回はもうひとつの印刷方法の
「昇華転写」についてご紹介していきます。
お楽しみに。

トップへ戻る