日本一の市場ロケーション!?広島市中央卸売市場の新ブランドと向かう未来!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場

小イワシの水揚げ

石川

こんにちは。ポップジャパンの石川です。
現在は早朝5時前。ようやく夜が明けてきたかという時間から失礼します。
今回は「広島市中央卸売市場」で水産物の卸売業をされている「広島水産株式会社」を訪れました。

広島市中央卸売市場

まだ世の人々が眠りから覚めていない時刻。市場はまさに営業時間真っ只中。
多くの人たちによって市場に届いたばかりの品物が次々に並び、競りによって値が付き、そしてまたどこかへと運ばれていく慌ただしい光景です。
一歩市場という場所に足を踏み入れただけで、目に飛び込んでくる早朝の活気は独特のライブ感がありました。

広島市中央市場

近く、建て替えが予定されている「広島市中央卸売市場」という広島の台所を支える場所で、これからの市場の在り方への展望と、市場から発信される新たな「広島ブランド」について。
そして、それらを盛り上げる販促アイテムの活かし方について、営業推進室課長の「坂東豊(ばんどうゆたか)さま」にお話を聞きました。

建て替え後に残すべき広島市中央卸売市場の「魅力」

坂東さん

石川「以前、市場外の人でも利用できる『関連棟』の取材をさせて頂いたことがありましたが、そもそも「市場に自由に出入りできる」ということ自体、あまり知られていませんよね。今回は「そもそも広島市中央卸売市場ってどんなところ?」といった根本的な部分からお聞きできればと思います」

「もっと市場を知って欲しいから」広島市中央市場で頑張る商店の取り組みについて聞いた

坂東さん「市場では年に一回『市場祭り』をやっていまして、それが一般開放という形になって普段見慣れない市場に触れていただいています。昔はワンコインでお寿司が食べられた食堂が人気でしたね。マスコミもよく来ていましたけど、今は無くなってしまいました」

石川ワンコインでお寿司!無くなってしまったとは、残念ですね」

坂東さん「やはり、全体的にお店自体が減ってしまうと、外部から魅力を感じ難くなりますね。ですが、市場に入ってすぐの所にコンビニはがあるのは分かりますか?」

石川「分かる…と言うか、以前市場の関連棟を取材した祭、そのコンビニでアイスクリームを買いましたね」

石川
参考画像

坂東さん「あそこは日本初の『市場の中のコンビニ』だと聞いています。今はもう、そんなコンビニも珍しく無いのかも知れませんが、売上は全国的にもトップレベルだそうですね」

コンビニ
売上が全国的にトップレベルなのだとか・・・

石川「そう言えば、以前取材させていただいた関連棟にある保育園も、日本初の『市場の中の保育園』でした。広島の市場って、実はかなり先進的な市場なのではないでしょうか?」

坂東さん「言われてみるとそうですね。どちらも元々は市場の人達のために設置した施設ですが、外部の人の利用も増えていますし、そのような部分を活かして、インバウンドも呼び込めたら、という話もありますね」

「市場の中の保育園」と「卸センターの保育園」数々の逆境を乗り越えた歴史は、いつも子供たちの笑顔が支えていた

石川「世の中の流れに合わせて、市場の在り方も変化する必要があるということですね。そういった計画に、広島水産としての意見や要望はどこまで反映されるのでしょうか?」

坂東さん「そこは市場全体で意見をまとめる必要があります。この市場では鮮魚、野菜、花きを扱っていて、外部ですけど、直ぐそばでは食肉を扱っています。全国的にもこれだけ集まっている市場は珍しくて、敷地面積も中国地区で3番目の広さですから。だけど、個人的には「このロケーションを活かしたい!」という想いがありますね」

ロケーション
取材当日は雨でしたが、晴れていれば多島美が楽しめるロケーション!

石川「晴れていたら本当に綺麗でしょうね!完璧なオーシャンビュー!!」

坂東さん「日本一だと思っています。夏の晴れた日なんて、ここでビアガーデンができたら最高だと思いませんか(笑)

石川ちょっと待って下さい!なんですか!?その思いつきは!そんなのもう、最高に決まってるじゃないですか!」

坂東さん「今でも天気の日には釣りをしに来るお客様もいらっしゃいます。市場を含め、周辺エリア全体で活性化する方法もありそうですし、建て替えがきっかけになればいいですね」

広島生まれ、広島育ちの新たなブランド「広島サーモン」

石川と坂東さん

石川「広島水産の事業の内容について詳しくお聞かせ下さいい」

坂東さん「主には水産物の販売ですね。その他には、広島県の応援登録制度である「広島サーモン」の販売をしています。「広島サーモン」の振興協議会をやっていまして、法被(はっぴ)やミニのぼり、ポスターなどの「販促物」を作って配っています」

広島サーモン関連
実際に見せて頂いた販促物の数々、ミニのぼりに法被

広島サーモン関連
ポスターとか

石川
目が釘付けに・・・

石川「販促物の展開が幅広いですね。」

坂東さん「他にも、食育活動として学校で料理教室もやっていますし、量販店でイベントをしたりしています。市場祭りでは法被を着たりして啓蒙活動をしています」

石川「それにしても広島でサーモンが育つとは驚きです。広島ブランドとして成立させる秘密があるのでしょうか?」

坂東さん「廿日市市に「万古渓(ばんこけい)」というニジマスやアマゴを養殖して販売をする業者があって、そこで2年間かけて稚魚を育てます。次に育った稚魚を今度は大崎上島の海で養殖をします。サーモンの稚魚が海に出ると新陳代謝が良くなって、一気に餌食いが活発になって大きくなります。2年間かけて150~200gになった稚魚を海に入れると、半年で5倍から6倍になりますよ」

石川「半年で1kgとか1.2kgということですよね。凄いな…」

坂東さん「そこまで大きくしたものを販売しています。取り組みは2014年からスタートして、1年目は試験的でしたけど、2015年から本格的に取り組んで今年で3年目ですね。今は国内でもサーモンの養殖は活発化しています」

ミニのぼり

石川「広島サーモンは、いわゆる一般的なスーパーでも購入できるのでしょうか?」

坂東さん「養殖の技術は確立されているのですが、生産コストの面で価格的にどうしても課題が残りますね。どちらかと言うと業務筋関係向けになっています」

石川「広島水産は「広島サーモン」振興協議会として参画されているのですね」

坂東さん「窓口となって販売権を持っています。市場の水槽でストックし、朝〆(シメ)して出荷するという、市場スタイルを実現しています。養殖業者さんは作る・育てることに専念してもらい、そして広島水産が市場の流れを使って出荷しています」

石川「3社による分業と協力。そこが他のブランドと差別化するポイントなのでしょうか?」

坂東さん「そうですね。業者さんとのタイアップ体制。そして、川と海がバランス良く近い範囲にあった地の利によって実現しました。」

市場をもっと身近な存在に

小イワシ

石川「広島水産が思い描く「今後の広島市中央卸売市場の姿」への展望や希望はございますか?」

坂東さん「市場の在り方と言うなら、昔は荷物がどんどん来て、それを流すという場所が市場でした。しかし、世の中の状況が変わり、場外の荷引きや地域間の競争もあります。市場というものは全国的に縮小傾向。売り場の活用として今取り上げられていることは、市場開放ですね。一部を規制緩和のようにレジャーとまでは言わないにしても、世の中的にそういったニーズがあるのかなと思います」

石川「宮島や平和公園も比較的近いことから、広島市外・県外、そしてインバウンドという海外からのお客様も狙い所としては考えられますか?」

坂東さん「そうですね。市場というとやはり「築地市場」のようなイメージで「非日常的な体験」として、市場と触れ合いながら飲食したり、買い物をしたりできるトコロというのも、市場の在り方というか「活用の仕方」なのかなと思います」

市場

石川「市場本来の機能は「生産者と事業者との接点」だと思いますが、そこに一般市民との接点も追わり、より身近な存在になるということですね」

坂東さん「そういった市場の機能自体も理解していただきながら、生鮮品がどこから来て、どのように流通し、みなさまの食卓に届いているのかということも知っていただく場所になればいいですね」

石川「学習の場としての要素もありそうですね」

坂東さん「色々な活用の仕方はあると思います。食育もですし、修学旅行のコースなどのパッケージプランの一部として宮島、平和公園、広島市中央卸売市場といったようにして、魚に触れる野菜に触れる、「バーチャル競り」などのような体験型としても面白いですね」

競り
実際の「競り」が行われている様子

石川「体験と観光ですね。行政としても瀬戸内一帯を包括した観光パッケージに力を入れていますし、その中に市場体験が入ることは大きな意味がありそうです」

坂東さん「実は、STU48と絡むのもいいなぁなんて思うんですよね(笑)」

石川「なるほど!市場にはステージを組めそうな広さもありますし!」

市場

坂東さん「余談ですが、広島市の七大海の幸ってご存知ですか?現在、広島市で掲げて広めようとピックアップしている水産物でして、先日、広島市、呉市、廿日市市、大竹市、江田島など、周辺の市町村を含めて協議会が始まったのですが」

石川「いえ、初耳です。七大…恥ずかしながら牡蠣と穴子くらいしか思いつきませんが、具体的には他にどのようなものがあるのでしょうか?」

坂東さん「小イワシ、黒鯛、アサリ、オコゼ、メバル、そして穴子と牡蠣ですね。これを市の方で掲げています。アピールの材料や仕掛けは欲しがっていると思います。ビジネスチャンスじゃないですか?(笑)」

石川「なんと!願ってもない情報をありがとうございます!早速、持ち帰らねば…」

坂東さん「そういった販促などは、ウチでは出来ないことですから。こういった機会ですから、また何か取り組めるものがあれば色々とお願いしたいなとも思います。私達は売りたいモノがあり、市は発信したいことがある。そこにタイアップしていくというカタチは、これからも増えるんじゃないでしょうか。これも一つのご縁ですからね」

石川「ポップジャパンの会社案内にも『すべてとツナガル素敵な仕事』というフレーズが書かれています。まさにそこに尽きることを教えていただきました。本日は本当に有難うございました」

会社案内

5年計画で進行するという「広島市中央卸売市場」の建て替え計画。
広島の台所を支える施設として、より身近に感じてもらえる存在になればと坂東さんは語り、市場を盛り上げる集客のための仕掛けについても様々なアイディアをお持ちでした。

坂東さん「プロジェクションマッピングとかにも興味があります。水族館とはまた違う、海の中を思わせるような演出があってもおもしろそうです。そこに青果や花など、市場全体の要素をうまく組み合わせたら面白いですよね。今後市場が集客できる施設になった時でも、例えば土日限定でプロジェクションマッピングのイベントをしたら良いかもしれません。もっと言うとVRを導入するのもアリじゃないかな」

「市場全体を取り込むような集客の提案はありませんか?」と、逆に私達に尋ねられるほど、熱心に取り組まれている様子。
ポップジャパンはのぼりをメイン商材とするメーカーですが、そこは、単純に「市場祭り」なんてのぼりを立ててればいいという話ではありあません。
祭りなら祭りの意味や催しと連動ことによって、人目を惹き、イベントや映像演出への期待感を創出する効果を盛り込みながら、もう一歩二歩先の集客を考える必要があります。

プロジェクションマッピングという仕掛けも、2000台収容できる広大な駐車場をアドバンテージとして、映像を鑑賞するだけでなく、市場の機能と連動した体験につながるような施策を考えてもおもしろそうです。

これから新たな一歩とその先へ広がる未来に向けて動き出している「広島市中央卸売市場」の広島水産で、私達も新たなヒントをいただいた取材でした。

ご協力いただきありがとうございました。

石川と坂東さん

取材協力:広島水産株式会社
所在地:広島市西区草津港1丁目8番1号
HP:http://www.hiroshimasuisan.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る