加速する新入社員獲得合戦!一味違う装飾で学生の注目を集める「魅力ブース」の「魅力」とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材確保

以前のぼりラボ内で「就職イベント用ブース装飾の必要性」の記事を掲載しました。
その中で、少子化による学生数の減少で、年々人材の獲得が困難になっていると書きました。

    以前の記事
  1. 今や生産人口比率は全人口の約60%!働き手を確保するために、好印象PRに直結する就職ブースで、人材確保の活路を開く。

内閣府発表「平成28年版 少子化社会対策白書」によると、生産年齢人口(15~64歳)は、2060年で4,418万人と予想されています。
総人口に占める割合に直すと、2017(平成29)年には60%を下回り、さらに2060年には50.9%まで減少すると言われています。
新入社員が獲得できないということは、社内の事業や技能を継承する世代交代が滞ることであり、将来的な経営資源の損失です。
言い換えれば、有望な新入社員の獲得とは、会社の未来を獲得するということなのです。

    参考リンク
  1. 平成28年版 少子化社会対策白書

以前の記事を掲載してから約2ヶ月が経ちました。
改めて就職関連イベントの様子を見回してみると、今や「ブース装飾自体」に目新しさは無く、当たり前の光景となりました。
すでに就職関連イベントは、「どれだけ魅力的で、学生を引き込むブースか」という、装飾のクオリティが大きく問われる時代に突入しているのです。

企業の特色や魅力を、データ分析と徹底したヒアリングから引き出し、理想的な人材確保に結びつくブース装飾が求められる現在。
そこで今回、のぼりラボは、ポップジャパンの「魅力ブース」について紹介します。

会社の魅力、学生に届け!

「魅力的なブースを設営したい」という願いは誰もが抱くものです。
では、具体的に魅力的なブースとはどのようなものなのでしょうか。実際にいただいた質問や意見とあわせて紹介します。

    ブースに関する質問
  1. Q.他所より目立つブースで注目されたい!どこに相談したらいいの?
  2. Q.ウチのブース高すぎ!?予算的に厳しいなぁ…
  3. Q.人が集まるブースが出来て大成功!このアイテム、来年度も使えますか?

Q.他所より目立つブースで注目されたい!どこに相談したらいいですか?
A.ブースの相談先や、「何を相談すべきか」という質問はよく聞きます。
ブース装飾を手掛ける企業が、まだまだ広く認知されていない現状ゆえのことでしょう。
就職セミナーなどのイベントに出展するときの対応は、当然イベントの案内や運営をしている企業が行います。
その際に、出展ブースの装飾アイテムについても併せて案内されており、それらを利用しているケースが多く見られます。
しかし、多数の出展企業を相手にする運営側に、一つ一つの企業向けのチューニングをしたブース装飾のアイテムを用意することは実際的に不可能です。
したがって、幅広く対応できる、既製品フォーマットで作成された装飾アイテムが用意され、出展企業はそれらを組み合わせたブースで出展することになるのです。
果たして、そのような画一的なブース装飾に、思わず学生が振り向くような魅力が宿るのかは大きな疑問です。
「魅力ブース」では、一社一社の特色や主張をヒアリングし、デザインから作成することで、学生への強いアピールにつながる魅力的なブースを実現します。

ブース

Q.ウチのブース高すぎ!?予算的に厳しいんだけど…
A.また、前述した既製品アイテムは、単価自体が高額に設定されているともよく聞きます。
ブース装飾の相談先について、他の選択肢が分からないという状況ゆえの問題と言えます。
「高額な上に、自社の魅力も引き出せないブース」なんて、勿体無い話です。
その点、メーカーであるポップジャパンは、自社生産アイテムによる展開によって、中間マージンが発生しない圧倒的な低コストで魅力的なブース装飾を提供できることがポイント。
「魅力ブース」は、「勿体無いブース」からの脱却をお手伝いするための提案と言えます。
節約した予算を利用してパンフレットの充実を図るなど、より人材獲得に向けた戦略の選択肢が増やせます。

以下は装飾アイテム予算についての一例。
大きさや素材、デザインの内容にも左右されますが、既製品のアイテムと比べて低予算でブース装飾が可能です。

  既製品 魅力ブース
ロール幕 17万5千円 2万6千円
テーブルクロス 4万円 3万2千円
チェアカバー 6千5百円 5千円

Q.人が集まるブースが出来て大成功!このアイテム、来年度も使えますか?
A.就職イベントが終了しても、その翌年、翌々年とイベントは続きます。
時代の流れは加速度的に変化している中で、アイテムの使い回しには慎重な判断が求められるでしょう。
感性が鋭く流行に敏感な学生を相手にする以上、ブームやトレンドに沿った装飾アイテムを展開しなければ、「古臭い」というレッテルを貼られる可能性が大いにあり得るからです。

また、学生の獲得に意欲的な企業が、年々ブラッシュアップを図り効果測定を反映した展開でブースを強化してくることは必然です。

そこで「魅力ブース」では、ブースの強化と最新のトレンドを取り入れ、蓄積されたブース展開の情報を組み合わせることで、より強いブースの進化を提案します。
さらに実際の就職希望者、ブース担当者の声もヒアリングし、次年度のアップデートとつなげていきます。
一社一社と向き合うことで、企業それぞれの特色や魅力を引き出す最適な形へとカスタマイズできるのです。

人と人との繋がりを大切にしてきたポップジャパンの「魅力ブース」。

人材確保

新入社員を獲得したい企業と就職を希望する学生。
両者の相思相愛な関係性を実現する手段が、就職セミナーなどのイベントです。
企業は自社の特徴をアピールし、学生はその情報を元に単独説明会や会社訪問への意思を決め、次のステージへと進みます。
ブースを通じたファーストコンタクトはとても重要で、このマッチングが理想的な形であるほど、企業が活性化し未来への道が開かれると言っても過言ではありません。

ポップジャパンはそうした「接点」を作るお手伝いを40年以上続けてきた企業です。
「魅力ブース」の提案も、その一つ。人と企業との理想的な接点が数多く誕生することは、ポップジャパンの抱き続けている願いに他なりません。

もっと「魅力ブース」を知りたい皆様へ。就活効果UPキャンペーン実施中!

現在では、ブース来場者、単独説明会への参加希望者が前年比で85%アップしたという結果が出ています(※当社調べ)。
さらに今、魅力ブースについて資料請求していただくと、その効果について詳しく紹介している小冊子を無料でプレゼント!
以下の「資料請求」のリンク先から、ブースについてお問合せください。
※資料請求の際には「ブースコーディネート」にチェックをお入れ下さい。

    参考リンク
  1. 資料請求はこちらから

少子化によって学生自体の数が減少傾向にある現在。
貴重な人材確保の手段として、より自社の魅力を引き出すブースについて考えてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る