その名もズバリ、幟町!のぼり由来の町名にまつわる秘密は400年前までさかのぼる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幟町公園

のぼりラボ今回は、少しローカルな話題をお伝えします。

「のぼりラボ」は、広島市に拠点を置きながら日々のぼりや屋外広告の調査や研究をしているのですが、そんな広島市内で以前から少し気になっている地名がありました。
その地名とは、ズバリ「幟町(のぼりまち、のぼりちょう)」。なんと幟(のぼり)が地名になっているのです。

日々のぼり旗を専門に扱う企業として、これ以上放っておけない地名もありません。
しかも地元である広島市となれば、なおさらです。
一体その地名の由来はどこから来たのか。どのような歴史を辿りながら、「幟町」という地名を現在でも受け継いでいるのか。
のぼりラボの地元である広島市から、気になる地名「幟町」について調査してみました。

文献から見る幟町の歴史。始まりは戦国時代だった!?

まずは幟町について、文献を調べてみました。

    参考リンク
  1. 古事類苑全文データベース(日本文化研究センター) : 古事類苑 第3巻641頁 地部二十七 安芸国

この「古事類苑(こじるいえん)」とは、明治政府によって編集された一種の百科事典であり、日本史の基礎研究資料とされているものです。
その資料の中で幟町を含む広島市の起源について記述を読むと、それは安土桃山時代にまでさかのぼることが分かりました。

時代は、天正16年(1588年)。
当時、安芸国(現広島県)を治めていた、毛利氏の当主である毛利輝元(もうりてるもと)が、大阪城・聚楽第(じゅらくだい)をお手本として、広島の地に新しい城を造りはじめました。
そして、そのわずか3年後の天正19年(1591年)。
まだ工事が終わっていないのに、一体何を待ちきれなかったのか、輝元が未完成のお城に入城してしまいました。
そんな、せっかちな輝元に慌てたのは家臣達です。
次々と城の周辺に屋敷を建てたのですが、何しろ毛利氏と言えば、当時、中国地方一体を治めていた大々名ですから、その家臣も大多数。
城の周りには、多くの屋敷が建ち並び、そうして形成されていった町が、広島市の起源となって、現在まで続いているのです。

実は後付け設定?人々の営みに由来する町の名前。

では、「幟町」という町の名前自体は、一体どこからきたものなのでしょうか?
資料によると、広島城築城と共にあった町の一角に「幟町」という名前がついたのは、なんと築城から約30年後のことなのだそうです。

1600年に「関が原の合戦」で西軍が破れると、西軍の大将であった毛利家も長州藩(山口県)を治める外様大名として、大きく領地も削られて、広島城も没収。
広島藩の藩主には浅野長晟(あさのながあきら)が任命されました。
その長晟が広島城下町の整備・拡張を進めていくのですが、その際、現在の幟町となる地域に「御旗の士」と呼ばれる藩主の白旗を任された武士たちが住む場所を割り当てました。
旗はやがて幟と呼ばれ、幟を任された武士が住む町が由来となり「幟町」という町が誕生します。
そうです。つまり「幟町」という地名は、そこに住む人たちの職業に由来して根付いた地名なのでした。

町の名前だけが歴史を語る今、地名から新たなのぼりの魅力を探る。

今でも幟町ではのぼりや旗を作りが盛んで、製造業者がたくさんあるのかと言うと、残念ながら、そうではありません。
現在は、オフィスビルや飲食店が軒を連ねる、広島市内でも多くの人が集まる地域となっており、のぼりラボの拠点も幟町からはやや離れたところに位置します。
かつての「御旗の士」の様子や風情が伺える建物や史跡が町に残っていれば良かったのですが、1945年8月6日に投下された原子爆弾の被害によって、多くの古い建物が焼失してしまったのです。

しかし「幟町(のぼりちょう)」という地名をインターネットで検索しますと、広島のほかに徳島県にも同じ地名があることが分かりました。

こちらは、まだまだ詳細な調査までには至っていないのですが、やはり「のぼり旗」に因んでいそうな名称で、気になる調査対象です。

地名には、地域の歴史や伝統・文化といった背景が色濃く反映されていることが、多々あります。
かつて幟を扱う人がたくさん居たから「幟町」という町が出来ました。
その例にならって、現在のぼりラボが所在する「西風新都(せいふうしんと)」を、私たちの力によって「現代の幟町」とすることを目指しても良いのかも知れません。
その為には、のぼり旗と、そこにまつわる歴史や文化などについてもより深く探り、関わっていく必要があります。

のぼりラボに新たな目標が生まれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る