今や生産人口比率は全人口の約60%!働き手を確保するために、好印象PRに直結する就職ブースで、人材確保の活路を開く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来のリーダー像

現在の日本は、少子高齢化社会です。
内閣府発表の「少子化社会対策白書」によると、1991年以降、日本の出生数は多少の増加と減少を繰り返しながら、大きな流れとして減少傾向であることは、残念ながら間違いありません。
原因は様々あるのでしょうが、長引く少子化によって、生産年齢人口も年々減少し続けています。
2015年のデータでは、生産年齢人口は約7757万人。これは全人口の61%程度です。
さらに、前年2014年から比較して、1年の間に生産年齢人口は、実に約117万6千人減少しているデータが出ています。
総人口の減少が約21万人とすれば、生産年齢人口は、総人口の5倍以上のペースで減少している計算になります。
これは改めて、驚異的なデータと言えます。

当然、未来の働き手である学生自体の数も、また減り続けています。
企業が「就職を希望している学生」を新入社員として人材確保すること自体が、すでに困難な状況となっているのです。

新しい世代の人材を確保できなければ、それは会社の円滑な世代交代に悪影響を及ぼします。
技能や事業の継承が不可能な事態になると、それは経営資源の損失です。
また会社経営には、加速度的に激変している時流への対応力が常に求められます。
次々に生み出される新世代の技術や、それらを利用したサービス。さらなる応用技術への感度や対応力は、若い世代の人材ほど高いものがあります。
つまり、有望な新入社員の獲得とは、会社の未来を獲得することを意味しています。
これからの時代、企業は「就職希望者から、いかに自社を選択してもらうか」という点に強い目的意識を持って、積極的に就職関連のイベントへ参加していく必要があるのです。

では、「自社を選択してもらう」ために、一体何が必要なのでしょう。
第一段階として、まず会社の存在が知られる必要があります。
「何をしている会社なのか」「何を作っているのか」「何を売っているのか」
「どのような特徴・特色があり、どのような理念と思想を持って企業活動をしているか」
発信すべき情報は、数え切れないほどあります。

しかし、問題は発信する手段と場所です。
誰もが知っているような、ネームバリューのある大手企業ならば、会社をアピールする場を多く用意できるでしょう。
予算をたっぷり使えて、話題性の高い施策を打ち出すことが可能です。
しかし、中小企業では、そうはいきません。
「どこで、どのように会社をアピールしていくか」についてしっかりとした戦略による、費用対効果が重要となります。
そこでのぼりラボから、今回「ブース」に着目した人材確保の手段を提案します。

ブースを制するものは未来を制する!?次世代のリーダーを獲得するために。

色々なブース

人材確保の施策の中で、会社のブースを出展し、PR活動を行うことは、当然考えられます。
しかし、いくら就職説明会でブースを設営し、自社PRの場を設けたとしても、そのブースに人が来なければ、そもそもPRすることすらできません。
自社のブースの前を素通りされ、他社のブースに吸い込まれていく「有望な人材の卵」を、指をくわえて見送ることしかできないのです。

では、人が集まるブースと集まらないブース。その違いはどこにあるのでしょうか。
就職を希望する、イベント参加学生の目線で考えてみましょう。

一つは、「ごく普通の展示ブース」
割り当てられたスペースに長机とパイプ椅子を設置し、会社の製品やサービスの紹介パンフレットを並べ、壁に説明版がかけてある程度のブースです。
もう一つは、「テーマ性のある装飾を施して華やかに見えるブース」です。
企業ロゴが入ったテーブルクロスや、イスカバーを使用。説明スタッフの衣装にまで気を使い、明らかに他の出展ブースより華やかで目を奪われるブースになっています。

これは極端な例ですが、しかし、この二つのブースが並んでいたら、学生はどちらの話を聞いてみたくなるか…、結果は想像できるでしょう。
PRにおける最初の一歩として、会社の存在が広く認識され、印象に残ること。
そして、ブースの印象などを通じて「何だかおもしろそうな会社だな」と興味を持ってもらわなければ、人が集まらず、人材確保も何も始まることはありません。
ブースに人が集まらなければ、スタートライン立つことすらできないのです。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

「ただ目立てばいい」という思考から、自社の事業と何の関連の無いアイテムを揃えたブースや、雑多に装飾アイテムを寄せ集めただけのブースでは、確かに目立ちはするでしょうが、話を聞いてもらえません。
会社としてポジティブなイメージを抱かれなければ、ブースを横目で見られて、終わりです。
戦略的に会社の事業や特徴をPRし、好印象につながるブースでなければ意味がありません。
そこには、会社ごとの特徴やイメージ、風土・文化が反映された装飾が施されていなければ、ブースによって、逆に人は離れてしまいます。
ブースの装飾は、人を集めることが目的ではありますが、正しく情報が認知された状態で来る人でなければ、良い結果にはなりません。
遠くから存在が知られ、興味を持ち、近くまで惹かれ来てくれた人に「話を聞いてみたい」と思わせる戦略とストーリーがブースには必要なのです。

ブースの装飾とは一種の空間演出です。
一定の派手さや賑やかさは必要ですが、訪れた学生が落ち着いて、話を聞くことができる空間でなければなりません。
装飾をしていく上では、会社の特徴やイメージなど、伝えたい魅力をしっかりと整理し、デザインまで考え抜かれたアイテムを取り揃えることが重要です。

手遅れになる、その前に。
ブースの見直しから、会社の明るい未来へつなげること。

人材確保は一回の就職イベントで終わるものではありません。
単独説明会や会社訪問などの次のステップへとつなげていくために、「良い印象を与える」ことは、人材確保において非常に大切な意味を持ちます。
就職を希望する学生と、人材が欲しい企業。
お互いの未来に関わる大切な活動だからこそ、多くの接点を持ちたいと強く考えるのは、両者に共通する願いです。
ブース装飾には、そのきっかけを演出する大きな力があります。
そして、ブースで配布される資料や、スタッフの説明などとの相乗効果によって、より力強く会社の「想い」を届けることが可能なのです。

良い人材はどこに居るのか。それは難しい問題です。
学歴、資格の取得数、論文の評価、海外留学経験…
高いポテンシャルを示す指標は幾つかあり、参考にすべきポイントも、たくさんあります。

しかし、採用した人材が入社後、実際に会社の中で、期待以上の大活躍をしてくれるかと言えば、そんな保証は誰にもできません。

まして、若い人材そのものが減少傾向にある時代です。
会社を大きく発展させる可能性のある人材が、他社へと流れていくような、そのような機会の損失は、今まで以上に大きなダメージとして社内に蓄積されていきます。
大げさな表現ですが、気付いた時には会社の魅力をアピールするその相手すら、もう就職市場には存在しなくなっているのです。

就職イベントは毎年定期的に開催され、その重要度は年を追うごとに高まっています。
必然的に出展ブースの内容や、来場する学生へのアプローチ方法への施策について、研究が進み、あらゆる手段があらゆる会社で用いられています。
戦略的なブース装飾は、その一つと言えます。

今では、ロボットを用いたブース来場者への対応サービスですら、すでに珍しいものではなくなりました。
背面幕やテーブルクロス、椅子カバー、フロアマットといった定番アイテムの充実はもちろんですが、デジタル技術を用いた空間演出の手法も、ブース装飾に積極的に取り入れられるでしょう。
人材確保によって前途の明るい会社の未来を手に入れるために、今から自社の魅力や存在価値まで確実に伝えるブースの展開を、まず考えることから、始めてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る