のぼりマーケットは4000万人規模に膨らむか!?外国人観光客はのぼりの向こうに「JAPAN」じゃなくて「日本」を見てる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image18_01

のぼりが日本の歴史の中で誕生し、独自の文化として発展し根付いてきたということは以前の記事でも触れました。
売上アップの「立て」役者、のぼりの意外な歴史を紐解いてみた。

のぼりは人々の生活と共に進化をつづけ、長い年月を経て日本のある意味「見慣れた風景」の一部となりました。
確かな歴史と実力を兼ね備えた屋外広告の主力選手として、のぼりは今現在でも第一線で活躍しています。
のぼりは日本が誇るれっきとした広告文化であると言えるでしょう。

しかし、そんな屋外広告のスター選手”のぼり”なのですが、不思議なことに、海外でのぼりを見かけた話を聞いたことがありません。
ただの旗が立っていることはよく見かけるそうなのですが、それは旗本来の目印的な役割として使われているだけで、のぼりのような屋外広告とは設置目的が全然違うのだとか。

海外にはのぼりが無い。それは一体何故なのでしょうか?
のぼりは国内では向かうところ敵なしの屋外広告…と言っては流石に言い過ぎですが、それでもまだまだ高い集客効果が期待できる屋外広告物です。
それなのに、のぼりは外国では通用しないのでしょうか?
もしかしたら、海外にはもっと効果的でのぼり以上の効果を持つ、世界規模の「ご当地広告」があったりするのかも…なんて考えてしまいます。
のぼりが日本独自の文化として発達したように、やはり海外でもそのお国柄に沿った広告文化が発達していても、確かに不思議はありません。
外国の人々にのぼりはどう捉えられているか調査しながら、のぼりの海外進出の可能性について調査しました。

のぼりを見た外国人の反応は意外と上々。実はのぼりってインバウンド向きなのか!?

まずは日本国内ののぼりを目にした外国人の反応について調べてみました。
ここ数年における日本国内における訪日外国人旅行者数は増加の一途を辿り、2013年には1000万人を突破しています。
さらに2015年時点では早くも1900万人に到達しており、その勢いには凄まじさを感じます。
そして政府は2020年までに、現在の倍である4000万人にまで達することを目標として掲げているという話ですから驚かされます。

    参考リンク
  1. 訪日外国人旅行者数(平成28年5月)に関する配付資料(観光庁)

単純な考え方ではありますが、これは外国人観光客に向けた屋外広告のマーケットも4000万人規模になると言えるのではないでしょうか。
となると、外国人観光客がのぼりに対してどのような印象を持つのかは大変気になるところです。

インバウンドに対する施策の重要さも加速度的に増してきている中で、まずは日本独特の広告とも言えるのぼりについて、外国人がどのような印象を抱いているのか調べてみました。

—–
日本のように、科学技術のリーダーだと認識されてる国が、こういった昔の文化を、他の国のように簡単に捨てないのは、本当に興味深いことだと思う。
アメリカ 27才

旗の広告はクールだし落ち着くしいいと思う
スロバキア 年齢不詳

俺は好きだね。彼らが風に揺れることで、「僕はここだよ」って呼んでることに気付かされるんだよ。 ブルガリア 30才

—–

    参考リンク
  1. 外国人にはどう映る?日本の街中に溢れるのぼり旗 -海外の反応-

なんと、外国人に日本ののぼりは概ね好評のようでした。これは嬉しい結果。
全体的な傾向として、他の国ではあまり見かけない広告方法として新鮮かつ珍しいものとして捉えられているようです。

そこにしか無いものを体験することは観光の大きな目的です。
したがって、日本的なものを求めて来日する外国人観光客に、のぼりは日本を感じることができるアイテムとして捉えられているのかも知れません。

海外にのぼりがない理由。のぼりの発展はカタチとコトバの親和性に秘密があった。

外国人観光客の方々に日本ののぼりは思いの外、ウケが良いようです。
「クール」や「綺麗だ」という評価もあって、のぼりが感覚的に受け入れ難いというワケでは無いことも分かりました。
ですので余計に謎は深まります。何故外国にはのぼりが無いのでしょう?

確かにのぼりの起源は平安時代にあるとされていて、やがて戦国時代を経て江戸時代に確立されてきた歴史を持つ、日本独自の広告媒体であり文化です。
しかし旗(フラッグ)ならばどうでしょうか?
ポールを立ててその先に布を提げ、目印としたフラッグであれば世界中に存在しています。
これらを使った広告なんて十分考えられそうなものなのに…

しかし、検索してみた限りの情報ではありますが、海外の屋外広告と言えば看板やオブジェばかり(海外の実地調査には流石に行けませんでした)。
フラッグを用いた広告展開も僅かながら散見されましたが、とても主力選手とは言えない数ですし、やはり日本ののぼりとは使われ方も違っているようです。
街灯のスタンドに専用のフラッグを提げるパーツが用意されており、そこに飾られている様な、どちらかと言えば装飾物という表現が適切な代物ばかりでした。

フラッグを利用したものも多少はありますが、やはりのぼり(またはそれに近しいもの)は存在しない。
のぼりの持つ魅力や集客効果を知っている我々からすると実に不可解です。
まさか日本だけしか旗を利用した屋外広告という発想に辿りつかなかったのだとしたら、それはそれで凄い話ですが流石に考えにくい話ですが…

実はその答えが「日本語が縦書きだから」という理由だったとしたら、ちょっと驚きませんか?
この「のぼりラボ」も含めて、最近では横書きの日本語を目しても特に違和感を覚えませんが、新聞や書物など日本語は昔から縦書きで記述されてきた歴史があります。
それどころか、雑誌の誌面上などでは「タイトルは横書きで本文が横書き」といったように、自在に組み合わせされ柔軟に使用されています。
この縦横どちらの記述にも対応できる言語は世界的にもあまり存在しません。

そしてのぼりの形状もまた縦長。
縦長にスペースを利用する媒体に縦書きのメッセージ。この相性が抜群でした。
しかしながら、英語を始めとして外国語の多くは横書きの文化。日本語が古来、縦書きのお手本とした中国ですら、現代では記述は横書きをオフィシャルな形とし、一部では縦書きを禁止していると言いますから驚きです。

横書きの文章を無理やり縦長ののぼりに記載しても、改行ばかり増えてしまったり、デザインに無理が生じたりと、広告として効果が期待できるとは思えません。
発想を切り替えて横長ののぼりも妄想してみましたが、これは安定性が極端に悪くなって転倒や衝突の危険が増しています。

のぼりのような縦長の形状の媒体と言語(メッセージ)との相性が悪かったこと。
看板や横断幕といった横書きと相性が良い媒体がいくらでもあったこと。
日本以外で旗を用いた屋外広告が普及しなかった原因の一つは、横書きという言語文化が大きく影響していたと言えるのです。

今後のぼりに求められる国際感覚。新たな価値を身につけるために必要なこと。

のぼりの発展に言語と形状の親和性は大きく関係しています。
しかし、それは同時に横書きの文化圏では発展が難しいことも意味します。
もしくは、革新的な表現方法を発明してその問題をクリアするかですが、今のところそれも難しいでしょう。
のぼりの海外進出には問題が山積みです。

しかし先にも書いたように、海外から日本に来る外国人観光客は年々増え続けています。
何しろ政府主導で外国人観光客の増大を図っているのですから今後、「日本独自」は大きな武器になり得ることでしょう。
なんと、こちらから海外に打って出なくとも海外の人にのぼりを目にしてもらうチャンスは向こうからやって来ているのです。

外国人観光客が日本に来る理由は、当たり前ですが「日本」に触れ、感じ、体験することにあります。
極端な例で言うと、外国人観光客向けに「SUSHI」と書かれたお寿司屋さんよりも、あくまで日本人に向けて商売しているお寿司屋さんで食事をすることに価値があると考える観光客は今後より増えてくると思われます。
つまり外国人観光客の人々は「日本で寿司を食べた体験」それ自体でなく、それがライトかディープかといったように「体験の価値」を求めているのです。

image18_02

同じことはのぼりにも言えるかも知れません。
日本語に並べて外国の言葉が記載してあることは確かに親切ですし便利です。
それは確かに「外国人観光客には親切なのぼり」かもしれませんが、日本語の縦書き文化とベストマッチングした「日本独自ののぼり」とは言えないでしょう。
従来の日本語だけののぼりでは、日本語に不自由な外国人観光客の方々に情報を伝えることは不可能です。
しかし、そこに的確なデザインや画像を加えることによって、イメージを想起させることは可能かもしれません。
そして、イマジネーションを存分に膨らませている外国人観光客に向けて適切な説明を提供できる横書きの広告物があったなら(様々な言語に対応しているものです)。
のぼりを通じて日本を体験してもらうことができるのです。

外国人観光客の爆発的な増加を期待する以上、ガイドサインや注意書きなどあらゆるテキストに外国語表記を加えていくのは当然です。
意思疎通の不備による外国人観光客との不毛なトラブルを回避するためにも、絶対に必要なことでしょう。
しかしその心がけ故に本来の日本らしい風景という魅力が失われてしまっては本末転倒。
観光資源として日本の原風景を保ちつつ、同時に間違いの無い情報を外国人観光客に提供するというバランス感覚が問われています。

安易に歩み寄るのではなく、外国人観光客が求める「日本らしさ」を演出し観光の中で「日本を体験した」と深く実感してもらうこと。
その有効な手段の一つとして大いに活躍できる可能性をのぼりに感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る