宣伝効果だけじゃない!時代と共に歩んできた文化的のぼりの100年史。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image11_01

のぼりラボでは、これまで主に店頭に掲げる宣伝広告としてののぼりや、交通安全などの啓蒙を目的としたのぼりを取り上げてきました。
しかし、のぼりの持つポテンシャルはやはりなかなか底が知れないもの。
上記のシーン以外でも様々な場面で、様々なのぼりが、様々な目的に応じて活躍していることをご存知でしょうか?

例えば鯉のぼりです。
5月5日端午の節句に合わせて色とりどりの鯉のぼりが日本の空を彩る景色は説明するべくもありません。
その大きさも様々でマンションのベランダに括りつけられているものから全長何mもあろうかという巨大なものまで、今年も各地で様々な鯉のぼりを目にされたことでしょう。
また5月の節句には武者のぼりといった勇壮な鎧武者が描かれたのぼりが立てられることもよく見られますね。
他にも神社に奉納される神社のぼりや楽屋のぼりなどは、そもそも一般的な店頭のぼりとは立てられる目的が違いますし、使用される生地や大きさも他ののぼりと比べて独特です。

一口にのぼりと言ってもその種類たるや千差万別。
普段我々が扱う屋外広告としてや宣伝効果を狙ったのぼりはそのごく一部かも知れません。のぼりという日本独特の掲示物。今回は文化的側面というアプローチからのぼりについて調べてみました。

技術の発展と子供の笑顔に支えられて鯉は飛ぶ。鯉のぼりはテクノロジーだ!

鯉のぼりの起源は江戸時代にあると言われています。
当時は5月の節句のことを季節の植物である菖蒲(しょうぶ)に準えて「尚武の節句」と呼び、主に武家の間では男子の健康と出世を願って家紋を印した旗やのぼりを玄関前に並べ立てることが流行したそうです。
そして、やがてそれは武家以外の町民の間でも流行の兆しをみせるのですが、そこは太平の世において様々な文化を花開かせた江戸町民。
格式に捉われるのも「粋(いき)」ではないと考えたのかどうかは分かりませんが、五月の青空を大河にみたて、縁起物である鯉を泳がせることで節句を祝うという文化を生み出しました。本当に驚くべき発想力とバイタリティです。

しかし、そんな鯉のぼりのプロトタイプは今現在のものとはやや様相が異なり、大きさは50cm程度。
素材も和紙で出来ていたそうで、当時はまだ大量生産に向けた機械なんて実現してはいませんから、一つ一つ手書きで作られたワンオフなものでした。
これくらいだと「屋根より高い鯉のぼり」と歌うにはちょっと物足りない感じですね。手旗感覚で携えていたか玄関先に飾っていた程度かと推測されます。

では現在見られる大きな鯉のぼりは一体いつごろ出来てきたものなのでしょう。
調べてみると、鯉のぼりが大型化してきたのは明治以降とのことでした。
江戸時代から引き続き和紙を用いたものが主流だったそうですが、紡績技術や縫製技術の発展や機械化に牽引されてか次第に布製のものへと移行してきた歴史がありました。
文明開化の影響は確実に日本の文化のあり方も変えうるエネルギーの爆発だったと窺い知れます。

そして鯉のぼりは、まるでその時々の技術限界に挑戦するかのごとく巨大化。
大きいものでは9mのものや15m級にまで大きくなったものもあったそうです。
また描かれている絵柄についても、江戸時代の一つ一つ手書きによるワンオフなものから量産体制へと移行し、戦後に至っては本染め仕様へと移り変わります。
印刷技術も時代と共に発展し続け、化学繊維の生地に絵柄がプリントされるオートメーションの実現によって、今日の鯉のぼりへと完成してきました。
最近ではARに対応し、スマートフォン画面越しではありますが、部屋の中を泳ぎまわる鯉のぼりなんてのもあるそうで、鯉のぼり業界も発展目まぐるしいようですね。
江戸時代から脈々と続く「鯉のぼり文化」は技術の変化と発展と共に、常に最新型へと進化している現在進行形なものでした。

火事とけんかは江戸の華。命と意気地で振られる纏も実はのぼりの一種だった。

image11_02

今度は少し変わったところで「纏(まとい)」のお話を。纏ってご存知ですか?
日常生活ではあまり聞きなれない言葉かも知れませんね。
この「纏(まとい)」とは江戸時代の「火消し」が出動する際に担ぎ掲げている布飾りのついた棒のことです。
時代劇などで火事のシーンがあったりすると、よく画面に登場しています。某将軍様が大暴れする時代劇では結構お馴染みの代物で、そちらのイメージが強いという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、この纏。一見のぼりとはあまり関係なさそうな気もしますが…、
実は驚くなかれ!纏も源流を辿ればのぼりの一種類だったのです!

纏の誕生は1700年代の初期とされています。
火消しの創設当初では纏も他ののぼりと同じく竿に旗がついていた形であり、当時は纏幟(まといのぼり)などとも呼ばれていたそうです。
そしてここからが興味深いのですが、時代劇などでよく見るような立派な飾りが沢山ついて様々な形状の纏が登場したのは何と1830年~1840年の間頃だという資料が残っています。
これが大体いつごろの時代かと言いますと、ペリーの黒船来航が1853年、大政奉還が1867年ですから、なんと、かなり幕末近くまで纏の形状はのぼり旗と近しいものだったようです。

あれ?ということは、つまりよく暴れておられた某将軍様は確か八代目だから…あの纏を持った勇壮な火消しの表現は…いや、これ以上はやめておきましょう…。

では何故、火消しの際に纏を用いていたのかという疑問は当然出てくることでしょう。纏って何なんだということです。
纏の目的とは他ののぼり旗に漏れず「目印」としての役割でした。そして、そのルーツもやはり戦国時代にまで遡ります。
火事の現場において火災の発生を知らせる目印として、消火活動における士気を鼓舞する旗としての役割を纏が担っていました。
さらに当時の消火方法とは現在のように水や消火剤を用いて鎮火させるものではなく、火災周辺の家屋を破壊して延焼を食い止めるものでしたから、例えば風向きだとか破壊する範囲を知らせる重要な意味も纏は持っていたそうです。

そして纏を持って火災の風下の家の屋根に上がって振り回すことを「消し口を取る」と言うそうなのですが、その意味とは「我が組がこの家までで火災を食い止める!」という宣言だったのだとか。
しかも「消し口を取った」からにはその家で食い止められなければ組の恥とみなされますからコトは重大です。
纏持ちは組頭が「降りろ」と命じなければ降りられないのですから、場合によっては命を落しかねません。
ですから、もう組の火消しは死に物狂いで消火に当たっていたと言うのですから、これは壮絶の一言。
つまり日本には纏というのぼりを命懸けで振っていた時代があったということです。
のぼりに関わる人間として、のぼりに命が関わる事案に今回初めて出会いました。
もちろん現在では消防・消火の技術も発展し、纏も第一線からその姿を消しました。
今日ではより儀式的であり儀礼的な装飾を施されたきらびやかな纏を消防関連のイベントなどで目にすることができます。

のぼりの文化は日本の技術発展の歴史とともに未来へ続く。

今回は鯉のぼりと纏という二つの広告宣伝用ののぼりではない、「文化的なのぼり」について調べてみました。
これらは直接的に集客や販促に繋がるものではありませんが、のぼりというものの幅広さを知るよい事例となり得たのではないでしょうか。
鯉のぼりは未だ進化を続けており、伝統と文化とテクノロジーを時代と共に融合させ続け大枠の姿は変わらずとも密かな進化を続けていました。
纏は現在使われることはもうありませんが、江戸文化の発展に文字通り命懸けなカタチで貢献し、装飾のぼりの姿として一つの到達点を迎えたと言えるでしょう。

そして、恐らくこれらののぼりに注ぎこまれた技術や歴史、文化的背景とか或いは人々の意思は屋外広告としてののぼりにおいても大いにフィードバックできる可能性を秘めているのではないかと我々は考えます。
単純な発想ではありますが、何しろみんなのぼりの話。同じご先祖様を持つ者同士なのですから。

のぼりの今後の発展や未来の姿を模索し策定するために様々な方策が用いられ、様々なテストが行われていますが、正直まだまだ実を結んだとは言えない状況が続いています。
のぼりラボもそのような状態を打破すべく立ち上がり、日々のぼりについて研究調査を続けているのですが、今回の調査も今後ののぼりの発展を考えるヒントを得ることができました。
伝統文化と最新技術を併せ持つのぼり。その可能性について引き続き調査を続けたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る