戦国時代にはすでにあったのぼり旗

お店の宣伝媒体としてよく使われているものにのぼり旗があります。のぼり旗は大きく文字やロゴがプリントされており、遠目から見ても目立ちますから利用している方は多いことでしょう。今では街中でよく見かけるのぼり旗の起源をご存じですか。こちらでは、お店運営者様にとって身近な存在でもあるのぼり旗の歴史について紹介させていただきます。

のぼり旗は中国から日本にやってきた

中国と日本は昔から深い交流関係にあります。中国から様々なものが伝わってきており、日本の文化に大きな影響を与えています。中国から伝わってきたものの一つにのぼりがあります。中国の正史の一つ魏志倭人伝には、魏の国が邪馬台国の卑弥呼に旗を送ったと記載されており、それが起源とされています。

のぼり旗が本格的に使われるようになったのは戦国時代から

日本で多くの方から愛されている大河ドラマを見ていると、合戦にのぼり旗が使われているシーンを見掛けます。戦国時代の合戦では、敵味方が入り乱れて、お互いの陣地を取り合います。敵味方の区別をする為に考案されたのがのぼり旗なのです。また陣地を落としたときに、旗を立てることで勝利を伝えていました。

他にも戦況状況を伝える手段としても使われており、当時は重要な状況を伝える手段でもあったのです。

戦国時代で有名なのぼり旗は?

のぼり旗で有名なのが武田信玄の風林火山、そして好敵手だった上杉謙信の毘沙門天ではないでしょうか。誰でも一度は聞いたことがある言葉だと思います。風林火山は孫子の兵法書の一節からきています。しかし、実際は武田信玄が風林火山という言葉を使ったという事実はないとも言われています。のぼり旗の歴史を掘り下げていくと、日本のはるか昔にまで繋がるというのは面白いものです。

昔は軍旗と使われていたのぼり旗ですが、現在では多くのお店を宣伝するツールとして新しく生まれ変わりました。当社では、お客様のお店にあったオリジナルののぼり旗を格安で制作させていただきます。小ロットの発注も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


納期・ご予算・数量…お気軽にお問い合わせください。082-811-8500

ご注文・お見積もりはこちら

ご注文・見積方法について
ポップジャパン制作にかける想い
販促のぼり、応援幕・・・、お客様が伝えたい”想い”を目に見える”形”に仕上げ、常にお客様の”心の代弁者”として心を込めて製作します。
自慢の生産ライン
ポップジャパンは受注から生産、出荷まで全て自社の一貫した生産ラインを完備しております。
採用情報
好奇心こそ企業発展のエネルギー。想像力と行動力は私たちの原動力です。
実績紹介
これまでの実績の紹介、お客様から頂いた声をご紹介いたします。
会社案内(eBook)
生まれ変わった弊社の会社案内をeBookでご覧いただけます。