のれんを変えるときの注意点

飲食店や小売店で効果を発揮するのが、のれんです。動きのある看板であり、お店の象徴でもあります。かつてのれんは商家の営業時間を表し、屋号、商号、家紋などをあしらっていました。古くなったのれんはお店のイメージを損なうため、新しく取り替える必要があります。その際に気をつけることを、ご説明いたします。

お店のイメージに合わせたデザインを

古い町並みにのれんがはためく光景を見ると、風情があって良いものです。のれんを替えるのには工事も必要ありませんので、気軽にリニューアルしやすい部分でもあります。しかし、商売が軌道に乗っているのであれば、大幅なデザイン変更は避けたほうがいいかもしれません。

冒頭でも述べたように、のれんはお店の象徴でもあります、あまりにも店舗のイメージと合わないのれんにしてしまうと、お客様が違和感を持ってしまうかもしれません。もちろん変更すること自体には様々なメリットがありますので、イメージに合っている範囲で変更しましょう。

販促物として活用する

お店のイメージを損なわない程度であれば、のれんを販促物として活用するのもおすすめです。店頭に広いスペースがあれば、大きなのれんに大きな文字を入れてみましょう。これなら遠くからでもお店の特徴が分かるようになります。また和風文字でメッセージを添え、お店の自慢商品などを写真付きで入れるなど、様々な活用方法があります。

当社は高品質なのれんの販売や、発注されたオリジナルのれんの製作を行っています。また横断幕、タペストリー、のぼり旗、はっぴなども製作しています。当社は高性能、短納期、多品種、小ロットのサービスを提供しています。のれんに関するお見積もりも無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。


納期・ご予算・数量…お気軽にお問い合わせください。082-811-8500

ご注文・お見積もりはこちら

ご注文・見積方法について
ポップジャパン制作にかける想い
販促のぼり、応援幕・・・、お客様が伝えたい”想い”を目に見える”形”に仕上げ、常にお客様の”心の代弁者”として心を込めて製作します。
自慢の生産ライン
ポップジャパンは受注から生産、出荷まで全て自社の一貫した生産ラインを完備しております。
採用情報
好奇心こそ企業発展のエネルギー。想像力と行動力は私たちの原動力です。
実績紹介
これまでの実績の紹介、お客様から頂いた声をご紹介いたします。
会社案内(eBook)
生まれ変わった弊社の会社案内をeBookでご覧いただけます。