ポップジャパンの働き方改革

株式会社ポップジャパン「働き方改革スローガン!」

「全員参加の生産性カイカクで未来のベースをつくろう!」

これまでの働き方を見直し、生産性の向上を図りながら長時間労働の削減や休暇の取得促進、多様な働き方を可能にしなければなりません。
しかしこれだけ世の中が急速に変化している中で、一部のメンバーだけが改革しようと思っても成功するはずがありません。だからこそ皆が「自分のコト」として受け止める必要があるのです。

このたび、広島県からご指導をいただくことになりました。これは大きなチャンスです。
働き方改革推進を図りながら、我が社の明日に向けて基盤を築き上げていきます。
今、我が社は新たな価値を提供する会社に変革を遂げようとしています。
それには、働きがいのある会社、従業員から愛される会社にしていく必要があります。
全員参加で必ず良い結果を出していきます。

「働き方改革」の方針・取組目標

方針

  • 業務の標準化と多能工化を図り、労働時間の削減でLifeの充実を後押しする。
  • 生産ラインの標準化を図り、仕事の安定化と作業負担の削減によって、改革思考へと変化する。
  • 従業員教育の充実で、仕事に対する正しい知識と判断力を養い、成長実感を持たせる。
  • 営業部門と生産部門の連結により、自社の強みを引き上げ業績を向上させる。

取組目標

項目内容現状値(H29年度)現状値(H30年度)
長時間労働の削減○総実労働時間の削減(常用雇用者一人当たり)178.4時間/月170時間/月以下
休暇取得の促進○年次有給休暇の平均取得率の向上(常用雇用者一人当たり)58.1%61%以上
業務改善 ○作業標準書を作成し、業務の標準化を図る
○業務スキルマップを作成し多能工化を図る
○営業業務の共有化と効率化(グループウェアの導入)
○新人教育・幹部候補者の育成計画書の作成
○社内インターンシップ制度の作成
○PJラボの推進
制度改革 ○賃金制度を見える化し社内規定に盛り込む
○人事評価制度の見直し
○育児・介護制度の拡充
ポップジャパン

ポップジャパンの働き方改革の取り組み

  • 2018.8.1
    働き方改革キックオフセミナー開催

    2018年4月からスタートしたポップジャパンの働き方改革について、全社員参加のキックオフセミナーが行われました。
    「働き方改革」を行う意味や、改革が必要とされる理由、仕事とプライベートのバランスを考える大切さについて、改めて説明を受けることでより深く理解できました。

    社長の挨拶からスタート。

    働き方改革

    社長と幹部も率先してワークに取り組みます。

    働き方改革

    全社員で「働き方改革」に意味についてもう一度確認。

    働き方改革

    ライフワークバランスなど大切なことを学びました。

ポップジャパンの働き方改革推進アイテム

2018.11.14

自社の働き方改革と社員への意識付けを推進するために、得意とする布印刷アイテムを製作し社内装飾を行いました。

働き方改革

のぼり旗

働き方改革

玄関を入ってすぐ目につくタペストリー

働き方改革

横断幕(表)

働き方改革

横断幕(裏)